対応エリア:神戸市・西宮市・芦屋市・明石市・三木市・加古川市等、兵庫県南部地域

運営:ソーシャルワーク研究所(厚生労働大臣許可番号 28-ユ-300741)

お気軽にお問合せください

フリーコール(通話無料)
0800-700-9100
090-3943-9131
営業時間
9:00〜20:00(日・祝日除く)

転職活動お役立ち情報

転職スキル

スキルの高い人の転職面接

一部上場の大手企業や突出したスキルのある方の面接は、中小では不利になることもあります。

意外に思うかもしれませんが、華やかな経歴の持ち主が、はたして介護業界でやっていけるのかと面接官などが疑うケースです。

続きを読む

転職面接

面接は企業選びの場

現在が非常に売りて市場だからというわけではありませんが、面接では企業を選ぶ視点を持つべきです。

「本当に、この企業に就職しても大丈夫か」

と、面接の際に情報収集するのです。

続きを読む

転職紹介

転職エージェントとは会ったほうがいい

インターネットの発達で、誰でも気軽に求人を探すことができます。

求人サイトに登録すれば、メールで求人情報が送られてきますので、本当に便利な時代になりました。

しかし、人材紹介業者を利用する際には、なるべく転職エージェントと面談するようにしてください

続きを読む

採用面接

見栄を張らない姿勢で

面接時は自分を良く見せたい、できるだけアピールしたいと考えますが、見栄を張らずに自然体でいるように

心がけるべきです。

続きを読む

面接の質問

面接の際に「質問はありますか?」と聞かれた際には

面接時に、面接官が会社概要や職務内容などを説明すると思います。

途中で、「質問はありますか?」

と問われた際に、「ありません」

と答えるのはいけません。

続きを読む

内定条件

入職後に内定の際の条件と違っていたら

入職後に、内定の際に提示された条件と異なっている場合です。

「給与の額が違っている」

「全然違う部署に配属された・

「役職が付くと言われていたのに、嘘だった」

など、仕事内容や給与等の条件が取り決めていた内容と実際が異なる事態がときおり起こります。

続きを読む

転職後

転職先入社後に行うと良いこと

転職活動が上手くいき、いざ入社を迎えました。

転職後は早く、新しい職場に馴染みたい、認められたいと思うものです。

あまり焦り過ぎてもいけません。まずは人間関係の構築が大切です。

続きを読む

強み

転職先で活かせる自分の強み

「転職先で活かせるあなたの強みは何ですか?」

と聞かれた、どう答えるでしょう。

面接でよくある質問ですが、採用担当者はこの質問から多くのことを読み取ろうとしているものです。

できれば転職先企業に合わせて、入念に準備しておきたいものです。

続きを読む

中途採用

中途採用で評価される人材の特徴

中途採用で企業から評価される人材には、共通した特徴があります。

一部の専門職や非常に高い能力をお持ちの方以外には参考になると思います。

続きを読む

求人面接

面接で複数の面接官に気配りできればベター

採用面接の際は緊張するものですが、その中でも周囲に配慮できる人の評価は高くなります。

特に、面接が複数の面接官が同席して行われているような場合です。

続きを読む

転職先企業

転職先は誰にも言わずに伏せておく

転職活動が成功して、退職する旨を職場で発表すると、同僚や取引先から転職先を聞かれることがあります。

うれしさのあまり、ついつい話したくなるものですが、入職日を過ぎるまでは話をしてはいけません。

続きを読む

求人条件

応募条件は全て満たしていなくても大丈夫

求人情報を見ていると、「介護福祉士資格所持」「業界経験5年以上」「夜勤に週5回以上入ることのできる人」などと、応募条件が複数書かれています。

全ての条件を満たさなければ、応募できないかというと、そうではありません。

続きを読む

管理職人材

管理職の採用面接について

管理職の採用面接は、新卒や一般職のものとは異なります。

これまでのマネジメントスキルや実務能力、入社して即何ができるかが問われます。

管理職として転職をお考えであれば、面接時に準備は欠かせません。

続きを読む

入社面接

面接終了時に好印象を与えるコツ

採用面接の際は、誰でも初め緊張しています。

だんだんと面接が進んでいくと慣れますが、この緊張から早く抜け出したいと思うかもしれません。

そこで、面接の後半に詰めをあやまるケースがあります。

続きを読む

入社意欲

入社意欲を見せるためには、会社の情報をとにかく仕入れる

入社意欲の高い人材は、会社について具体的な話ができるものです。

採用担当者は間違いなく理解していますので、企業のことをどれだけ知っているかを、応募者に確認します。

応募者としては、どうしても入社したい企業については、できるだけ情報収集することが肝心です。

続きを読む

介護人材紹介

人材紹介会社の特徴を掴んで利用する

就転職の際に人材紹介業者を利用する場合は、その特徴を掴むことが大切です。

紹介業者の担当者にも、大きくわけて2つあります。

自分自身に合った担当コンサルタントと二人三脚で活動を行えば、活動を円滑に進めることができます。

続きを読む

退職理由

企業側から好ましくない退職理由について

転職活動の面接で、必ず聞かれるのが前職の退職理由です。それぞれに退職理由はありますが、面接官はそこから人柄を推測しますので、注意が必要です。

ここでは、企業側から好ましくないと思われる退職理由が記載します。

続きを読む

介護士入社

入社承諾と内定辞退について

転職活動の結果、選考された場合の入社承諾の意思はすみやかに行うべきです。

また、一旦入社承諾したら、中途採用では内定辞退はご法度になります。

続きを読む

女性介護職

面接の身だしなみポイント(女性編)

面接時に身だしなみで注意すべきポイントの女性編です。

女性については、普段から身だしなみに気を付けている方が多いので、言わずもがなでしょう。

あくまで参考程度に、ご覧ください。

続きを読む

男性介護職

面接の身だしなみポイント(男性編)

転職活動の面接の際に、身だしなみで注意すべきポイントについて記載します。

身だしなみやルックスで評価されるのではなく、人柄で勝負したいと考えるのも理解できますが、第一印象は大切です。

また、一般的に身だしなみは人柄を表すと考えられていますので、最低限の気遣いは必要です。

続きを読む

面接対策

模擬面接と面接官の情報入手

転職活動の際に模擬面接をしたほうがよいかどうかですが、やはり練習したほうがよいのは間違いありません。

学生ではないし、今さら・・・と皆さん思います。ほとんどの方がしないから、ライバルと差別化が図れるのです。

続きを読む

転職回数

転職回数が多い方の対策について

転職回数が多い方については、それなりの対策が必要です。

なぜなら、「この人は仕事が長続きしない人だ」「物事にすぐに飽きる人かもしれない」「協調性がないのかな?」と勘繰られて、偏見を持たれてしまうからです。

もちろん、各転職に事情がある場合はあります。

続きを読む

中高年転職

中高年の転職は志望動機を工夫する

若い方の新卒採用や20代の転職活動であれば、志望動機よりも、これからのやる気や情熱で受かることができます。

しかし、中高年、特に35歳以上の転職活動については、志望動機など書類の記載についても工夫したほうが採用確率は上がります。

続きを読む

職務経歴書

職務経歴書は応募企業ごとに作成する

転職活動で作成する職務経歴書、使い回していませんか?

時間がなくて・・・、忙しくてきちんと作成できないという意見も理解できますが、本当に入社したいなら、応募する企業に合わせて作成するべきです。

続きを読む

人材紹介業者

転職エージェント、人材紹介業者の選び方

転職活動を無料でサポートしてくれる人材紹介業者は、求職者の強い味方になります。

転職活動が初めての方や、忙しくて活動に時間を避けない方にとっては、情報提供や面接対策、時には書類作成の支援までしてくれるエージェントの存在は役立つものです。

続きを読む

履歴書と職務経歴書

履歴書・職務経歴書を書く際の注意点

履歴書・職務経歴書は事実を記載するのみで、それほど評価の対象にはならないと思うのは間違いです。

書類の書き方1つで、人柄や能力が推測できる場合があります。

続きを読む

他者の評価

転職に迷ったら、他人の評価を聞いてみる

今の職場では、自分は評価されていない、能力に見合った待遇を受けていないと転職を考える方は多いです。

人間は誰しも、自分に対して甘く、他人に対して厳しいものですから、自己評価だけでなく、他者の評価を一度は聞いてみると良いでしょう。

続きを読む

転職限界説

35歳転職限界説について

昔から、35歳を超えると転職ができない、転職が難しくなると言われています。

介護職や看護師など医療福祉業界においても、当てはまるのかを考えたいと思います。

続きを読む

面接質問

不利な質問への対処法

面接の際に、自分に不利な質問をされると戸惑うことあります。面接での緊張感と相まって、ときには頭が真っ白になるかもしれません。

ここでは、自分に不利な質問があった場合の対処法を考えたいと思います。

続きを読む

採用筆記試験

筆記試験対策について

介護や医療職の中途採用においては数少ないとは思いますが、筆記試験のある企業はあります。

筆記試験までは必要なくとも、作文や論文を課す企業もあります。

続きを読む

転職フェア

介護・看護の転職フェアで自分を売り込むコツ

毎年、何度か開かれるのが介護・看護の転職フェアです。福祉就職フェアなどで開催しているケースもあります。転職希望者としては、一度に複数の企業にアプローチでき、企業の様子を窺い知ることができます。

続きを読む

介護職員の将来

将来のビジョンは考えて用意しておく

転職面接の最後に、「将来あなたはどうなっていたいですか?」など、将来ビジョンを聞かれることがあります。

言い換えれば、どうキャリアを積んで、どのような人材になっていたいかです。突然聞かれても、ある程度回答を準備しておかないと口ごもる可能性があります。

続きを読む

企業の見極め

こういう態度の企業は気を付けよう

転職の際は、何も企業側が応募者を選ぶだけの場ではありません。応募者側も、企業の態度を観察して良い転職先を見つけたいものです。

企業側の姿勢から、従業員を大切にする企業かどうかは、何となくわかるものです。

続きを読む

面接態度

面接態度での注意点

面接の際に、気を付けていても普段の癖が出たり、緊張感から普段しない行動をしてしまう場合があります。

その中でも、これはNGというものを挙げていますので、面接前にチェックするようにしてください。

続きを読む

採用担当

履歴書の顔写真にはこだわる

履歴書の顔写真を使いまわしたり、スナップ写真にしたりしていませんか?

企業側の採用担当者は、必ず写真もチェックしています。どうせ面接するのだから写真くらいはいいだろうと手を抜くと、採用されるものも不採用になってしまいます。

続きを読む

給与条件

企業側と条件面を交渉する際の注意点

給与や休日、残業の有無などは労働者にとって非常に大切です。

雇用する企業にとっても重要事項ですが、お金の話をするのが得意な人はまずいませんし、面接の際に応募者からは切り出し難いものです。

続きを読む

あがり症対策

面接であがる人の対処法

面接に限らず、初対面の人と出会う時や人前に出る機会には、誰でもあがるものです。

まして自分自身の一生を左右しかねない転職面接で、あがらない人はまずいません。あがるのは当たり前と考えて、自身の力を発揮できるように対策が必要です。

続きを読む

自己啓発

自己啓発を行っているか聞かれたら

面接の際に、独自に学習していること、自己啓発していることを聞かれることがあります。

この場合、転職希望先企業で活かせる自己啓発なら問題ないが、全く関係のないものを伝えるのは良くないです。

また、・・・

続きを読む

成功体験と失敗体験

成功体験と失敗体験のアピール方法

転職面接でよく聞かれる質問に、成功体験と失敗体験です。自身の成功体験を自慢気に話すのはNGですし、失敗体験を正直に話すのも、迷います。

続きを読む

前向きな退職

退職理由を前向きなものに変える方法

転職活動を行うに当たり、現在の職場の退職事由は、面接の際に希望する企業に伝えなければなりません。

医療福祉業界に多い職場の人間関係や労働条件で退職した方は、そのまま伝えるのはマイナス評価になる可能性が高いです。真の理由は何であれば、前向きな理由として伝えなければ、自身の評価を下げてしまいます。

続きを読む

転職面接

転職面接で必ず聞かれる質問

転職活動の際に筆記試験や適性試験のある企業もありますが、医療福祉業界では面接のみという企業が多いです。対人援助サービスですから、人柄が最重要視されています。

転職面接において、必ず聞かれる質問があります。

必ず聞かれるのですから、ある程度の準備をしておいたほうが採用されやすいのは間違いありません。

続きを読む

転職活動

転職活動を始める際の注意点

熟慮の結果、転職を決意した場合に会社に勤務しながら活動するのか、退職して転職活動を行うのかどうかなど、注意すべき点があります。

転職活動は短い人なら1~3か月程度で終了しますが、30代・40代の転職活動は長引く傾向にあります。

早まらずに、計画的に進めたいものです。

続きを読む

マネジメント力

30代以上の転職に求められるマネジメント力

中途採用の転職で、30代以上に求められるのがマネジメントの能力です。

介護福祉士や看護師、理学療法士などの専門職であっても、専門性とともにマネジメント力がある方のほうが採用されやすいのは、間違いありません。

続きを読む

転職の目的

転職の目的をはっきりとさせる

転職活動を成功させるには、自分がなぜ転職したいと思ったのかなど、転職の目的を明確にすることが重要です。

転職目的が明確であれば、会社選びや面接に臨む際の態度にブレがありません。自信を持って転職活動を行えますので

続きを読む

面接時の服装

面接時の服装について

服装など身だしなみは、相手に与える第一印象を演出しますので、非常に重要です。

介護や医療施設は勤務中制服や白衣を着用するところも多いため、ビシッとスーツで決めなくてもと思うかもしれませんが

続きを読む

自己PR

自己アピールの作り方、強みの見つけ方

転職面接や履歴書作成の際に、必ず記載しなければならない自己PRですが、なかなか自分の強みやPRが思い浮かばない方も多いのではないでしょうか。自分のことは、自分ではなかなかわからないもの

続きを読む

障害者差別禁止

障害者差別禁止と事業主の合理的配慮について

平成28年4月に障害者雇用促進法が改正されました。全ての事業主に、採用や募集、雇用について障害者差別禁止と合理的配慮が義務付けられています。

続きを読む

就職差別

採用選考時に応える必要のない質問

日本国憲法や労働基準法に定められていますが、本人の適性や能力に関係のない事柄で採用選考することは許されません。しかし、実際には面接の際に差別的な質問をされることはあるものです。

続きを読む

転職サポートのお申込み・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

フリーコール(通話料無料)
0800-700-9100
090-3943-9131
営業時間
9:00〜20:00
定休日
日・祝日